×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

用語・略語集

  言葉 解説
あふけ AFKのこと。
アメイラ サンツスミコのほぼ真北にあるドラゴンの口に飛び込むと入ることができる。

レベル制限:83以上
   
ウーノス城 マイヤー島にある城の名前。
レベル制限:45以上
エビルクナブラ マルス=オーラ最深部にあるダンジョン。
ボスダンジョンでもある。
今まで出てきたシュレーダー・アイドラ・スレイドが登場し、
それらを退けるとマタリエルが登場する。
レベル制限:65以上
エンタイス ウーノス城のマエルがゲートを開いてくれる。
レベル制限を超えてすぐの冒険者にとってはワイルドスピードすぎる狩り場。
管理人はここでかなりひげが伸びた(わかる人にはわかる
レベル制限:88以上
エンタイスの森 エンタイスの蛇の口に飛び込むと入れる。
ここでは「ラミアさんが笑った。」という伝説の祭りが催される。
レベル制限:88以上
   
カイヌゥス チャクラまたはマ=ドラヴァスから入ることが出来るマップ。
最上部にはアンテクラが出現する。成長武器のドロップ情報も多いため
多くの冒険者でにぎわっていた。
最上部にはラヴァストーンへの入り口もある。
カイヌ カイヌゥスのこと
カイヌゥスのこと
カヴス シティス=テラの砂漠の蟻地獄に飛び込むことで入れる。
知らない人が多い狩り場の一つ。
ピュリカ隧道へと入ることもできる。
   
クルークの洞窟 レベル制限:40以上
クロノス城 全ての冒険者が最初に降り立つ眠らない大陸の始まりの場所。
ここからあなただけの冒険記は始まる。
東をエフェルス山脈に、それ以外の3方を川に囲まれた
天然の要塞に築かれた城。
タルタノス戦争では最後までコエリス教団の砦となり、
一度はマタリエル軍勢の手に落ちるも、バルキリーの活躍により
取り戻された後は、復興の足場となる。
断崖の洞窟・ゴブリン洞窟・クルークの洞窟・秘密通路・シティス=テラ
へと移動することが出来る。
   
ケタース神殿 クロノス城マップ 断崖の洞窟から入ることができる。
スケルトンやゾンビが闊歩するラクーンシティ?
ここからケタースヘル・コバルト洞窟・フレヌゥルに移動することが可能。
ケタース聖堂 クロノス城マップ ゴブリンの洞窟からはいることができる。
構造・モンスの配置などはケタース神殿とほぼ同じ。
ここからもケタースヘル・コバルト洞窟へ移動することが可能。
ケタースヘル ケタース神殿・ケタース聖堂からはいることができる。
最深部にはシュレーダーが待ち受ける「煉獄の祭壇」がある。
炎の属性攻撃を食らう上に足場が非常に狭く、ここで狩るよりは
テラの砂漠に移動する方が効率が良い場合も多いため、
人気薄の狩り場と言える。
コバルト洞窟 レベル制限:60以上
ゴブリンの洞窟 クロノス城 南門を出て、どんどん南に向かうとゴブリンの洞窟の入り口がある。
断崖の洞窟の入り口が非常に足場が悪いため、初期の冒険ではこちらまで
足を伸ばすのもいいだろう。
ケタース聖堂・コバルト洞窟へと移動することもできる。
サンツスミコ シティス=テラ地方にある街の名前。
いわゆるシティス=テラの街は、正確にはサンツスミコの街となる。
シティス=テラ レベル制限:10以上
シティス=テラ地方 メディウス地方の一つ。
シティス=テラ・レティシャ・アメイラを含む地方。
通常クロノス城を指すことが多い。
神殿 通常モンタヌス神殿を指すことが多い。
   
   
   
ターラ モンタヌゥス神殿・マ=ドラヴァス・チャクラから入ることが出来るマップ。
レベル制限:30以上

暗い神殿を抜け出し、明るいターラに入ったときは素直に感動した。
赤装備からディバイン装備の冒険者が修行を積む場所。
ターラのこと
断崖の洞窟 クロノス城 東門をでてすぐ北に向かうと断崖の中腹にある洞窟を
見つけることができるだろう。
入り口付近の足場は非常に悪いため、ここで溺死する冒険者が後を絶たない。
クロノス心霊ポイントの一つと言えるかもしれない(オヒ
1.血の祭壇のこと
2.合成アイテム「マタリエルの血」のこと
3.スタイリッシュアイテム「幻獣の血」のこと
血の祭壇 モンタヌゥス神殿4Fからはいることが出来るマップ。
レベル制限:41以上
カウント(雑魚モンスターの数)が出ているときに、カウントを0にすると
「何か=アイドラ」が現れる。
今やソロで雑魚を一掃し、ソロでアイドラを倒す冒険者もいる。
敵が多い上に近寄ってくるため、1Fでは金を稼ぐ目的での
狩りを行う冒険者もいる。
ボスダンジョンであることから、いろいろと冒険者同士のトラブルが
起こりやすい場所でもある。
チャクラ ターラまたはカイヌゥスから入ることが出来るマップ。
マップ北西部には廃村・南東部には湿地帯がある。
北部にはアンテクラが出現する場所もある。
広く、明確な道がないため、方向音痴スキルに振っている冒険者には
いろいろと厳しいマップらしい。
チャクラのこと
   
テラ シティス=テラのこと
シティス=テラのこと
テンプルロード ピュリカ隧道とモンタヌゥス神殿から入ることが出来るマップ。
基本的にはピュリカから神殿に向かうルートになる。
(テンプル=寺院への道ってことで。)
オープンβ当時は激混みの狩り場だった。
テンプル テンプルロードのこと
図書館 全30階建てのダンジョン。
各フロア一定数のモンスターを倒すと次の階へ進むことが出来る。
10F・20Fにはイトゥがコンビニショップを開いているそうだ。
   
   
   
   
   
パトリシア地方 メディウス地方の一つ。
ターラ・チャクラ・マ=ドゥラバス・カイヌゥスを含む地方
ヒドゥンビレッジ マイヤー島から入れるマップ。
レベル制限:70以上
秘密通路 クロノス城南門から東に向かった所にあるダンジョン。
レベル制限10
基本的にクルークの洞窟と同じ構造であるが、
要所要所が落盤のため通行することが出来ない。
テレポ・バースト・ヲリ足のないパラディンには嫌がらせ以外の何者でもない。
ここから図書館へと向かうことが出来る。
ピュリカ隧道 シティス=テラとテンプルロードから入ることが出来るマップ。
奥の方には水路があるが見たこともないという冒険者は多い。
管理人はここで+3セルキスをドロップし、狂喜乱舞した懐かしい思い出がある。
ピュリカ ピュリカ隧道のこと
ファン城 行ったことないからしらね(爆
レベル制限:95以上
フレヌゥル ケタース神殿から入れるマップ。
レベル制限:70以上
実はかなり綺麗な噴水があったりするわけだが、
ンなモノを見ている余裕はない。
骨董装備から合成装備の冒険者が修行を積む場所。
フレ フレヌゥルのこと
   
ホリドー カイヌゥスからはいることが出来るマップ。
レベル制限:70以上
狩り場のランクとしてはフレヌゥルより若干下。
足場が狭いためモンスターに倒されるより、
転落死する冒険者が後を絶たない。
骨董装備から合成装備の冒険者達が修行を積む場所。
ホリ 1.ホリドーのこと
2.ホリーアーマーのこと(パラディンクラススキル)
マイヤー地方 マイヤー島全域。
ヒドゥンビレッジやウーノス城を含む。
マ=ドラヴァス ターラとカイヌゥスから入ることが出来るマップ。
レベル制限:60以上
昔は明るい狩り場だったが、何故か暗い狩り場になってしまった。
(バージョンアップの所為ということで良いらしい。)
黒装備以上の冒険者が修行を積む場所。
マ=ドラヴァスのこと
マルス=オーラ マイヤー島から入ることが出来るマップ。
最深部にはエビルクナブラへの入り口がある。
最深部通称リティスゾーンは、成長武器のドロップ情報があるため
ここもかつては多くの冒険者が狩り場を争った。
マルス マルス=オーラのこと
   
   
メディウス地方 クロノス城下・シティス=テラ・パトリシアを含む地方。
モンタヌゥス神殿 シティス=テラとターラから入ることが出来るマップ。
4階建ての神殿になっており、最深部4Fには血の祭壇への入り口がある。
銀装備から赤装備までの冒険者が修行を積む場所。
成長武器のドロップ情報もある。
モンタ モンタヌゥス神殿のこと
   
   
   
ラヴァストーン カイヌゥスから入ることができるダンジョン。
ボスダンジョンでもある。
カウント(雑魚モンスターの数)が出ているときに、カウントを0にすると
「何か=スレイド」が現れる。
レベル制限:41以上
ラヴァ ラヴァストーンのこと
   
   
煉獄の祭壇 ケタースヘルから入ることが出来るマップ。
ボスダンジョンでもある。
カウント(雑魚モンスターの数)が出ているときに、カウントを0にすると
「何か=シュレーダー」が現れる。
決して管理人が出てくることはない。
レベル制限:50以下
煉獄 煉獄の祭壇のこと
   
   
A AFK AwayFromKeyboardの頭文字。キーボードの近くにいませんとなるから
「中身はいない」ということになる。話しかけても返事がないかも。
B    
C    
D    
E    
F    
G    
H HV ヒドゥンヴィレッジのこと
I    
J    
K    
L    
M    
N    
O    
P    
Q    
R ROM ReadOnlyMemberの頭文字。読んでるだけの人となることから
AFKの意味に使われることが多い。
S    
T    
U    
V    
W    
X    
Y    
Z    
1 11111 チャットしている相手がいきなり「11111」等の1〜3までの数字を並べ始めたら、
「ああ、死にそうなんだな。」となま暖かく見守ってあげよう。
例:「そんな所(あなたのレベルで)大丈夫?」「余裕っ111111111」